1. シールマーケットトップ > 
  2. 入稿データについて > 
  3. イラストレーターで作成時の注意点

入稿データについて

入稿データについて

データ作成時の注意点
イラストレーターデータの場合

イラストレーターデータって?

アドビシステム社のグラフィックソフト「Illustrator(イラストレーター)」で作成されたデータ。
印刷に最適な形式です。

バージョンについて

必ず【CS以下】のバージョンで保存したデータをご入稿ください。
【CS2以降】のバージョンはファイルが開けない場合があります。

フォント(文字)について

  • ・ フォントを含むデータは必ず【アウトライン化】してください。 フォントを含むデータは必ず【アウトライン化】してください。
  • ・ フォント部分を選択の上、メニューバーの「文字」の項目より、「アウトラインを作成」を実行してください。
  • ・ フォントサイズは【6pt以上】をお薦めします。6pt未満は文字つぶれが起こる可能性がありますので予めご了承ください。

抜きアタリについて

  • ・ データ通りの形でシールを作りたい場合には、シールの仕上がり線となる【抜きアタリ】が必要です。抜きあたりにシールの抜き加工を施します。
  • ・ 【抜きアタリ】は、0.1ミリの黒罫線(黒いシールの場合は白罫線)で作成し、【トリムマーク(トンボ)】を付けてください。 【抜きアタリ】は、0.1ミリの黒罫線(黒いシールの場合は白罫線)で作成し、【トリムマーク(トンボ)】を付けてください。
  • ・ 【抜きアタリ】は、鋭角のないゆるやかなパスデータで作成してください。 【抜きアタリ】は、鋭角のないゆるやかなパスデータで作成してください。
  • ・ 極端に複雑な形や細かいパスデータのシールは抜き加工が施せないため作成をお受けできない場合があります。

抜きズレについて

  • ・ シールの抜き加工はわずかながらずれる場合があります(誤差0.5mm以内)。
○塗り足しについて
  • ・ 背景に色がついたシールを作成する場合には必ず【塗り足し】が必要です。
    抜き加工がずれた場合に白場が見えるのを防ぎます。
    ※背景が白色のシールには必要ありません。
  • ・ 【塗り足し】は、抜きあたりより最低1ミリ外側まで作成してください。 【塗り足し】は、抜きあたりより最低1ミリ外側まで作成してください。 【塗り足し】は、抜きあたりより最低1ミリ外側まで作成してください。
○文字やイラストの配置について
  • ・ 【抜きアタリ】から1ミリ内側までには文字やイラストを入れないでください。
    抜き加工がずれた場合に必要な箇所が切れてしまうのを防ぎます。
    (デザインとして切れる場合は可)
    【抜きアタリ】から1ミリ内側までには文字やイラストを入れないでください。

画像(写真)データについて

  • ・ 画像データをリンクするか、埋め込んでお使いいただけます。高解像度のものを使用してください。
    (ドキュメントサイズ:シールの実寸以上 解像度:300dpi以上)画像をリンクして使用する場合、元の画像のデータも忘れずにお送りください。
    画像データをリンクするか、埋め込んでお使いいただけます。高解像度のものを使用してください。

シールの色数・発色について

  • ・シールに使用する色数は自由です。プロセスカラー(CMYK)、特色など、何色使用されても金額に変わりはありません(特注品を除く)。
  • ・特色は、プロセスカラー(CMYK)に変換して印刷されます。
  • ・シールの発色は弊社基準によりますことを何卒ご了承ください。

入稿前チェック表

  • □ シールサイズ、色、文字などに間違いはありませんか?
  • □ バージョンはCS以下で保存されていますか?
  • □ フォントはアウトライン化されていますか?
  • □ 抜きアタリは作成されていますか?
  • □ 背景に色がつくシールの場合、塗り足しが作成されていますか?
  • □ 抜きアタリより1ミリ内側までに文字やデザインが入っていませんか?
  • □ 画像が入るシールの場合、解像度の高いものを使用していますか?
  • □ 画像をリンクして使用する場合、元の画像データも忘れずに用意していますか?